ノーツちゃんその7(アイペイント) 

    ノーツちゃんを作成しながらのガレージキット塗装講座(?)も、いよいよ佳境です!
    今回は筆塗りによるアイペイント(瞳の塗装)の様子をガッとご紹介したいと思います。
    -- 続きを読む --

    category: ガレキを作ろう!

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    ノーツちゃんその6(ヘアピン等塗装) 

    前回塗装の完了した髪をマスキングして、エアブラシでヘアピンを塗装したいと
    思います。

    20130519-IMG_1918.jpg
     

    と、思っていたのですが、面倒だったので筆でピッと塗ってしまいました。ひどい(笑)
    フォトカノの新見さんみたいに横棒2本のヘアピンだったらマスキングしたんですが…。
    このノーツちゃん、どうにも意地悪な形状のヘアピンとなっておりまして、まあ、

    そこも含めてのプラクティスキット

    ってことなんでしょうね。たぶんそうです。まあ、今回はタミヤエナメルのチタンゴールド
    とクロームシルバーで塗りました。

    20130519-IMG_1920.jpg 

    さてさて、お次はツインテを根元で束ねているリング状のモノをエアブラシで塗装します。
    今度は本当です。まずは髪部分をマスキングして、クールホワイトで白く塗りました。
    上に乗せる色をきっちりと発色させてあげるための下地作りです。

    20130519-IMG_1921.jpg 

    そして黄色と水色を適当に調色して吹きました。ホワイトパール粉を混ぜてみたりしま
    したが、なんか微妙だ(笑)嫌な予感がすごくします。とっても楽しみです。

    20130519-IMG_1923.jpg

    「フラットベースなめらか・スムース」でつや消しして、マスキングテープを剥がして
    合わせてみました。うーん、単刀直入に言うと、ダサい(笑)自分自身のファッション
    センスの無さが作品に出てます。まあ、「ドムっぽいかんじにしよう」という思い付きの
    ルールにがんじがらめにされてるわけですが、このまま行きたいと思います。たぶん、
    慣れる!

    20130521-IMG_1924.jpg 

    さあさあ、いよいよ緊張のアイペイントを残すのみとなりました。その準備として、
    白目部分を

    「Mr.カラーのクールホワイト」を「Mr.リターダー」で倍くらいに薄めたモノで筆塗りし
    ました。シンナーは一滴も使ってません。

    筆塗りって、すごく難しくないですか?ガサガサひっかかるし、すぐに筆が乾くし。

    それを解消するために編み出したのが

    「筆塗りの塗料はリターダーのみで割る」

    という方法です(もちろん、私などよりも先に既にされてる方もたくさんいらっしゃる
    と思います)。結構なめらかに塗れていい感じです。リターダーとは元々は

    「塗料に少し混ぜて塗料の乾燥を遅らせる」

    添加剤です。どうも私は、「フラットベースなめらか・スムース」といい、添加剤を
    思いっきりメインとして使う傾向にあるようです(笑)

    もちろん、この方法がベストなわけではなく、私のようなテクなし根性なしちゃんが
    それっぽく塗装するための苦肉の策と言いますか、邪道のようなものなので、

    「どうしても筆塗りが上手くいかん!」

    と言う方は一度お試しください。全然駄目かもしれませんが、まあ、ご容赦を(笑)

    次回は白目が乾燥した後にクリアーでコートした顔面に、いよいよエナメルで
    アイラインを描いていこうと思います。それでは!

    category: ガレキを作ろう!

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    ノーツちゃんその5(髪塗装) 

    20130518-IMG_1886-2.jpg 

    今日は何を思ったか、朝から過去にヤングエースの付録に付いてきたアスカさん(原型製作:榎木ともひで様)
    を野外撮影してきました。カプセルトイサイズなのですが、やっぱり凄い出来です。1/7くらいのガレキで欲しい!

    そんなわけで、引き続きノーツちゃんの塗装の様子をご紹介したいと思います。


    -- 続きを読む --

    category: ガレキを作ろう!

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    ノーツちゃんその4(肌色塗装) 

    昨日メタルプライマーを吹いておいたノーツちゃんの肌色部分を
    塗装していきたいと思います。

    20130516-IMG_1866.jpg 

    髪の毛の部分に肌色は乗せたくないので、マスキングテープで髪部分を覆っていきます。
    ここで大事なのは、前髪パーツを実際に付けてみてマスキングのラインがおかしくないか
    確認することです。

    20130516-IMG_1867.jpg 

    もしもこのマスキングテープと前髪パーツの間にレジン地が見える個所があったら、
    それはちゃんと覆ってあげないとそこに肌色が乗って、その上から髪色を塗装すると
    そこだけ色が濁ってしまいます。

    20130516-IMG_1868.jpg 

    襟足のマスキングです。小さな三角形に切り出したテープを何枚もギザギザに貼って
    いってもいいのですが、面倒なので一枚のテープの一辺をギザギザに切ってからベタッ
    と貼り付けました。すごく楽ちんです(笑)

    20130516-IMG_1870.jpg 

    小さく切ったテープを貼り込んでマスキング完了です。何も難しいことはありません。
    好きな音楽でも聴きながら、気楽にやりましょう。余談ですが、こういう単純に貼り込ん
    でいくだけのテープでも、面倒でも指で千切らずにアートナイフなどで綺麗に切ったほう
    がいいです。千切ったいびつなテープだと、隙間なくきっちり貼れてるか分かりずらい気
    がするので・・・。

    20130516-IMG_1871.jpg 

    肌色塗料レシピ

    ホワイト           40% (Mrカラー)
    キャラクターフレッシュ2  20% (Mrカラー)
    キャラクターフレッシュ1  20% (Mrカラー)
    クリアーオレンジ      10% (ガイアカラー)
    蛍光ピンク         10% (ガイアカラー)

    ↑はボークスプロフィニッシャー狩人さんのレシピですが、適当に継ぎ足してるので
    正直もうよくわからない配合比率になってます(笑)まあ、適当でいいんです。ちゃんと
    狙った色が出れば。

    今回はこのブレンド済み肌色に、ガイアカラーのサフレスフレッシュオレンジを調色スティック
    の先っちょ分くらいだけ混ぜてオレンジ気味にしてみます。ほんのちょっとでいいみたいです。

    20130516-IMG_1872.jpg 

    クリアーとシンナーで割った肌色塗料を細吹きしてシャドウを吹きました。何も難しいことはあり
    ません、心のままにシュッとすれば大丈夫です。私もそんなに上手なほうではないと思います
    が、エアブラシを始めたころに比べれば随分と狙った場所に細吹きできるようになったと思いま
    す。エヴァQでカヲルくんも言ってましたが、やはり反復練習すればできるようになるもんなんで
    すね。ちなみに私は鉄棒の逆上がりができません。なんだあれ、意味が分からない!魔法か!

    20130516-IMG_1873.jpg 

    シャドウ吹きに使った肌色をさらにクリアーとシンナーで割ったもので、少しずつ
    少しずつ肌色全体を塗装していきます。1回や2回吹き付けたくらいでは全く色が
    乗りませんが、だからこそ色を乗せすぎたりせずに済みます。根気よく(というか、
    もう慣れると適当にダラダラやるんですが)吹き続けてちょうどいい肌色になる瞬
    間を見極めましょう。

    肌色の塗装はこれでとりあえず完了です。ツヤの調整はアイペイントが終わってか
    らやります。あー、疲れた。塗装作業自体はマスキング含めて30分もかかってない
    んですが、写真を撮りながらとか、ブログにまとめるのが大変ですね。でもまあ、
    全国の逆上がりができなくて寂しい思いをしている小学生に元気を出して強く生きて
    欲しいので、頑張って更新していきたいと思います。

    category: ガレキを作ろう!

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    ノーツちゃんその3(肌色下地) 

    とりあえず肌色から塗装しようかと思って帰宅して気付いたのですが、
    サフレス塗装の下地のメタルプライマー(透明なベタベタした液体)を
    吹くのを忘れていました。せっかくなので、念のためにキャストクリン
    を吹き付けてレジン地を綺麗にしてから、シンナーで倍くらいに希釈し
    たメタルプライマーを吹き付けてやりました。全体がツヤツヤになった
    ら完了です。

    20130515-IMG_1865.jpg 

    メタルプライマーは非常に有毒っぽいにおいが凄まじいので、塗装ブースの下に
    吊るして臭気を窓の外に強制排出です。塗装ブースが室内のホコリをガンガン
    吸着してる下で乾燥させるのもいかがなものかと思いますが、気にしてはいけま
    せん。そんなもんは些末なことなのです。ちなみに私はAB型です。よく

    「ああ・・・」

    と言われます。なんかよくわかりませんが、気にしてはいけません。

    さて、肌はともかく髪パーツですが、「リアルタイプ」な造形のせいか、割とモールドが
    細かく入っています。正直、細吹きでモールド一本一本にシャドウ吹きとか無理です。
    なので、エナメルで筆で薄くスミ入れしておいてから、全体をグラデーション塗装でも
    してみようかな、と考えています。うまくいくかな?どうもスミ入れ色は気持ち薄めでや
    らないとすごくクドくなりそうな嫌な予感でいっぱいです。まあ、今日はやりません。眠い
    ので。急がば回れです。慎重にやっても失敗するときはしますが・・・。そん時はドボン
    してやり直そうかと思います。まあ、たぶん適当にやれば大丈夫です。

    category: ガレキを作ろう!

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    ノーツちゃんその2(服塗装) 

    昨日に白吹きした「ノーツちゃんリアルタイプ」のボディの塗装に入りました。
    と言うか、終わりました。

    20130514-IMG_1862.jpg 

    なんか地味ですが、いいんです。テーマは「シスター服」です。写真を撮ったあとに決めました。
    よーし、髪の色は紫で行こう。ヘアピンはシルバーで。目指せ、ざん〇ちゃん!

    以下、やったこと

    ①黒で服のシャドウ吹き
    ②黒とジャーマングレーをブン混ぜた色で服全体を塗る。さっき吹いたシャドウどっか行った(笑)
    ③マスキングテープを貼って襟のラインに沿ってメスで切り出す。スパーッと。サーッと襟部分のテープを剥がす
    ④襟のシャドウ吹き→襟全体を白で塗装→シンナーで薄めたホワイトパール粉で襟全体を塗装。ギラギラに
    ⑤マスキング剥がす。想像以上に塗り分けラインがガタガタでびっくりする
    ⑥ラッカーで襟シャドウ色を作ってリターダーのみで薄めて塗り分けラインに沿って筆塗り。ちょっと楽しい!
    ⑦シンナーで薄めたフラットベースなめらか・スムースで全体を艶消し。まあ、消し過ぎ。
    ⑧エナメル金でジッパーを筆塗り。まあ、はみ出した。
    ⑨強引に完了

    しかしこのキット、プラクティスキットの名前が示す通り、やはりなかなかの練習にもってこい具合ですね。
    と言うか久しぶりにガレキ塗ったら、びっくりするくらいさらに下手になってました!やったあ!今日はここまで!

    ・・・こんなんでコンテストの締め切りに間に合うんだろうか(笑)ぐぎぎぎ・・・。

    category: ガレキを作ろう!

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    ノーツちゃんその1(下地) 

    最近、撮影が楽しくなってきたので、新しい背景紙を何枚かネット通販で
    注文してみました。結構大き目のサイズなのに、なぜか配送方法がメール
    便・・・。


    「おうおう、送れるもんなら送ってもらおうじゃあないの、メール便で」

    などとドキドキしておったのですが、

    「ごめんなさい、メール便で送るってアレ嘘です無理です。佐川さんで送る
     んで送料ちょっと上がりますけど構いませんか!」

    みたいなメールが来て、

    「ええよーええよーかまへんよー」

    と返信しておきました。到着が楽しみです。ちなみに、別のショップでも注文
    しているのですが、そいつは結構ラージです、なんといってもタテ6尺です。
    尺とか言われてもピンと来ませんが、たぶん180cmくらいです。でっか(笑)
    メラミン化粧板という、まあうっすい板状のものなのですが、どうやって送っ
    て来るんだろう・・・。ポスターみたいに丸めるとか無理そうなんですが・・・。
    巨大な棺桶みたいな段ボールで届くんでしょうか?無駄にドキドキです。

    IMG_1835.jpg 

    ↑過去に製作したボークス様のノエル・マーレス・アスコットちゃんを撮影

    よくこういう白背景で朝日グサー、死亡フラグドサーみたいな写真を見るたびにどうやって
    撮るのであろうか、と気になっていたのですが、実際にやってみたら微妙にうまくいきませ
    んでした。たぶん透け透けの背景の裏からライト当てたりするんだ。んで、手前からもコチョ
    コチョするんだ。キイー!

    20130513-IMG_1858.jpg 

    おもむろにガレージキットの塗装に着手。ガイアノーツ様のコンテスト用です。以前に組んだ
    「ノーツちゃんリアルタイプ」の塗装を綺麗に落として、胸パーツにグレーサフを吹いてから白
    吹きまでしたところで終了。パワー使い切りました。もやしっこなんで。

    もう室温が高いせいか、塗料が乾燥するのメチャクチャ早くてびっくりしました。ちなみに白サフ
    にはどういうわけかロクな思い出がないので、使いません(笑)

    さて、服や髪をどんな色に塗るかは全く考えておりませんが、どうなりますやら・・・。ちゃんと完
    成するかも怪しいもんだ・・・。

    category: ガレキを作ろう!

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    スパチュラヤスリを買えなくて・・・夏 

    今日はボークス・ホビースクエア京都に不注意で折ってしまったスパチュラヤスリを
    買いに行ったのですが、折ってしまったヤスリの目の粗さに自信が持てなくて、買わず
    に帰ってきました。ファイン、ミディアム、ハードの3種類のうち、おそらくミディア
    ムだとは思うのですが、このヤスリ、本体に粗さを識別できる表示などは一切無く…。
    現物を持参して、ヤスリ部分の目の粗さで判断して買い直そうと思います。

    正直、別に無くても困らないのですが、もしかしたら困る時が来るかもしれない…

    くらいの使用頻度ですが…。リューター(電動でビーッと削ったりできる奴です)を買っ
    てから、さらに使う頻度は減ってはいるのですが、髪の毛のパーティングライン消しなど
    に使わないこともない…いや、やっぱり買っておこう(笑)

    20130512-IMG_1838.jpg 

    買わずに後悔するより、買っておっぱい。これ、名言だと思います。あ、今考えました。

    コトブキヤ様 向坂環-誘惑-
    原型製作:阿部まさと様

    最近、色々とフィギュア撮影のサイト様を巡ってテクニックを吸収しようと励んでおります。
    自分で塗装したガレキもできるだけ綺麗に撮影したいので、そのための練習という事で。
    けっして暑いからガレキの表面処理をするのが面倒とか、そういういことではないのです!

    そんなわけで、タマ姉のおっぱいを色々と撮影してみました。今さら説明の要らない、名作
    だと思います。パールっぽいキラキラした質感の肌の塗装がまた、なかなかいい感じですね!

    続きはこちら
    ↓↓↓
    -- 続きを読む --

    category: 完成品フィギュアレビュー

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    本気で安い!「京朱雀市場・食彩市」レポ 

    20130511-IMG_1813.jpg 

    以前に製作したぴよぴよ堂様の実原氷里を塗装しなおそうと思い立ち、分解してたんですが、
    ちょっと接着がきつくてスパチュラやすりでこじろうとしたら速攻で折れました。心も折れました。

    ちなみにこれ、一本3500円くらいします。私がアホな使い方をしたから折れただけで、普通に使用され
    れば一生モノ級の耐久力を持つ便利グッズです。

    さらに折れた破片は実原ちゃんに刺さったまま取れないし・・・。一気に一万円くらい飛びました。

    というわけで、今回もガレキとは全く関係のない記事でお茶を濁していきたいと思います。

    ↓つづきはこちら

    -- 続きを読む --

    category: 京都いろいろ

    thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    金の食パン 

    奥深い甘味と贅沢な食感。
    北海道産素材の生クリーム使用…。

    20130509-IMG_1785.jpg 

    2枚入り125円。紙の繊維を混ぜ込んだ袋で包装されており、清潔感と高級感に溢れている。
    今回はこの「金の食パン」の人気の秘密に迫ってみたい。

    20130509-IMG_1786.jpg 

    FEATHER社のメスで開封。おそろしい切れ味。繊維の一本一本を切断する小気味良い
    感触を楽しむことができた。袋越しにうっすらと透けて見える食パンが蠱惑的な香りを放っ
    ている。

    20130509-IMG_1787.jpg 

    まずは皿に寝かせてみた。おそらくこれが基本姿勢であろうと思われる。袋越しでは
    わからなかったが、意外とグラマラスな造形となっている。側面のくびれ部分のシャド
    ウが、それをより際立たせている。

    20130509-IMG_1788.jpg 

    続けて、正面から。シンプルな立ち姿の立体化であるが、生地の発酵の過程で
    アットランダムに生じた穴のおかげで、情報量は決して少なくない。また、このス
    ケールであるにもかかわらず自立するという点も特筆に値すると言えよう。

    20130509-IMG_1790.jpg 

    フリーハンドで半分にちぎってみた。断面に近い部分こそ指の圧力に負けて
    細かなディテールが失われてしまっているが、切断面のエッジのシャープさは
    それを補って余りある魅力を醸成した。食パンという食材のポテンシャルが最
    大限に引き出された瞬間である。おにぎりではこうはいかないだろう。

    20130509-IMG_1791.jpg

    半分はそのまま食べ、残りはトーストしてみた。焦げ色のグラデーションが美しい。
    また、上面に焦げ目を付けることにより切断面の白さがより強調され、実に瑞々しい
    色香を放っている。側面の柔らかな焦げ目が全く損なわれていない点にも注目。

    20130509-IMG_1792.jpg 

    シンプルにバターを塗って食してもよいのだが、今回はイングリッシュ・ブレックファースト風に
    たこ焼きを添えてみた。紅ショウガの鮮烈で都会的な赤が、食パンとたこ焼きの茶色を絶妙
    なバランスで融合させることに成功している。

    20130509-IMG_1793.jpg 

    たこ焼きを食パンに乗せ、箸で潰してから豪快にかぶりつくのが唯一のマナーだ。クリーミー
    なたこ焼きとサクサクにトーストされた食パンの相性は抜群。元をたどれば同じ小麦粉製では
    あるが、互いのカルマを映す鏡のように別の進化を遂げ、そして再び、ここに出会った。

    金の食パン。それは食べる者が生まれた意味を知る味なのである。

    category: 購入品レビュー

    thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    電球買ってきました 

    とりあえず、日本の照明業界の皆様は

    「電球色・昼白色・昼光色」

    などという照明の呼称をなんとか

    「オレンジ・白・水色」

    とかに変えてはいただけないでしょうか。無理でしょうか。

    「お昼の光の色だから、ほんわかぽかぽかお日様みたいな色なんだろー!」

    みたいな軽い気持ちで昼光色を買って、ウキウキして帰宅して点灯してみたら
    ド青っちろい照明に身も心も包まれた…。なんて経験がみなさんあるはず。 な
    んなんですかあれ。どっちかって言うと、ムーンライトじゃないですか。ついでに
    言わせていただくと、クレオスさんのダイアモンドシルバーとムーンストーンパール
    の違いもさっぱりわかりません。モヤモヤします。

    話はそれましたが、蛍光灯の色の種類ですよ。 画像を拝借して説明いたしますと、
    こういうことなんですね。

    20130508light.jpg 

    なんですか、「生き生きとした」とか「クールで清々しい」とか。松岡修造さんですか。光を放て!

    いやもう本当に、オレンジ・白・水色とかにしてほしいです。それが無理なら、もうお互いに歩み
    寄って

    「落ち着きオレンジ・生き生き白・クール水色」

    でどうでしょうか。駄目か。駄目ですか。こんだけ頼んでも駄目。ぐぎぎ。

    20130508-IMG_1774.jpg 

    まあ、私に同じ手は2~3回くらいしか通じないので、今日はちゃーんと昼白色相当の
    LED電球を買ってきました。「相当」という表現に不安を隠しきれませんが、大丈夫な
    はず。関係ないですけどセブンイレブンさんはなんか自社ブランドの高級な感じの食
    パンがやたら売れてるらしいとネットニュースで見ましたが、売り場で持ち上げてみた
    感じ、たしかになんかふわっとした持ち上がり具合でした。今度食べてみたいです。

    そんなこんなで、買ってきたLED(生き生き白相当)をアームライトに装着し、いつも通り
    に撮影した場合と、それに加えて生き生き白で遥か上空から全体を照らした場合で撮
    影して比較してみることにしました。

    20130508-IMG_1780-2.jpg 20130508-IMG_1779-2.jpg

    ・・・まあ、なんか、上のほうが、生き生きした感じ・・・のような、気がします。たぶん、トレーシングペーパーとかを
    かけて光をやわらげてあげないと駄目なんだと思います。まあ、セブンイレブンの高級な食パン13枚分くらいのお
    値段以上の効果は得られた気がします。なかなか難しいもんですね。あーもう、そのパン買ってきて電球にかぶ
    せればいいんじゃないですかね、それでいいでしょ、もうそうしましょうよ、こいつに食パンをかぶせてやりたいんで
    すが、構いませんね!(突然投げやり)

    それはともかく、いい加減そろそろ次のガレキの組み立てに着手したほうがいいと思います。いつまでも魔法少女
    に変身しない魔法少女アニメみたいになってきてます。

    category: 模型関係いろいろ

    TB: 0    CM: 0   

    プロ並み写真がすぐ撮れる「LEDてるてる棒」・・・? 

    0507.jpg  

    壁の外の世界に憧れることもなく、ただただ裸エプロンでサーバーメンテナンス後に
    フルーツバスケットを掠め取るだけの日々。おお、今日は久しぶりに獲物にありつけまし
    た・・・。イェーガー!

    そんな事をしつつもガレキを組むこともなくウダウダとネットでLEDについて調べています
    と、こんな記事を発見しました。

    プロ並み写真がすぐ撮れる「LEDてるてる棒」
    http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/stapa/20130401_593969.html

    シャッタースピードを遅くして(?)なんかこう、LEDをブンブンする撮影方法(?)は知って
    いたのですが、その撮影に使用する「LEDライトセイバー」は自作せねばならず、非常に
    面倒くさく感じて見ないふりをしていました。がしかし、なんと。製品として販売された会社が
    あるそうなのです。しかも、一か月くらい前だとか。スタパ齋藤さんがレビューされています。

    ファミ通全盛期時代(失礼)世代としてはスタパさんと言えば非常に懐かしいお名前なので
    すが、今年で49歳になられるのですね。そっちのほうがびっくりです。

    それはともかくこのLEDてるてる棒、ちょっとお高いものの(7980円)、なかなか良さそうですね!

    これは買ってしまいそう、いや、買ってしまおう、などとハァハァふんふん言っておったのですが、

    >あ。今思い出したが、LEDライトセイバーでの撮影は、「一期一会的なもの」である。同じライティ
    >ングを再現するのは非常に難しい。ので、そういう再現性が求められる用途には全然向かない。

    というスタパさんのレビューを読んで

    「あ、じゃあいいです」

    と物凄いスピードで購買意欲がどっか行きました。やっぱり何枚も撮るのに、ライティングが一定じゃ
    無いというのは面倒くさすぎて寝てしまいそうです。いちいち撮るごとにブンブン振ってられませんし。
    スタパさんが正直で誠実で公正なレビューを書いてくださったおかげで助かりました。

    まあそんな感じです。でも正直、4000円くらいで売ってたらたぶん買ってました(笑)

    【追記】
    買いました。なかなかいい感じです。
    http://www.fg-site.net/archives/2913924

    category: 模型関係いろいろ

    TB: 0    CM: 0   

    撮影用照明箱(?)自作その3(完成) 

    20130506-IMG_1767.jpg 

    ゴールデンウィーク後半の大半を費やして作成してきた照明箱ですが、ついに完成しました。
    なかなか小汚い感じですが、ランプのレンズに相当するケースの底面をクリアーオレンジで塗装
    しました。こうすることで、いかにも「LEDランプです」と言った、あの青白い光を蛍光灯の光の
    ような白さにできるのです。たぶん・・・。光の三原色を全部足すと白になるかなんか、たしか
    そんな理屈です。まあ、実際に効果をご覧ください。左がオレンジに塗装前、右がオレンジに
    塗装後の箱の中でLEDランプを点灯させたものです。

    1706.jpg 20130506-IMG_1765.jpg

    めっちゃ普通に白くなってます。想像以上の効果が出て、正直驚きました(笑)

    さてさて、実際にフィギュアの撮影に使用するとどんな感じなのでしょうか?どうかご覧ください。
    左がオレンジ塗装前の箱を左手前から照射したもの、右がオレンジ塗装後の箱を同じく照射し
    たものです。いずれも、右手前から白いランプの光を当てながら箱を使用しています。

    20130506-IMG_1757.jpg 20130506-IMG_1756.jpg

    わたくしの未熟な撮影の技術は置いておいて、いかがでしょうか。全体的に

    「お嬢ちゃん、毎日がファイナルファンタジー?そこセーブポイント?」

    と言った感じに青白い光に照らされていたデュラム・シェリフちゃんも、すっきりと均一な色に
    照らされてくれて、大成功っぽい感じです。

    IMGP4300.jpg 

    ちなみに、こんな感じで撮りました。

    え?右手前から照らしてるランプをもう一個用意すれば済む話なんじゃないか、って?

    えっ・・・えーっと・・・あ・・・。えーと、えー、あー・・・。

    20130506-IMG_1763.jpg   

    たまには背中とお尻もいいよね!

    category: 模型関係いろいろ

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    撮影用照明箱(?)自作その2 

    前回作成した撮影用照明箱の内側に丸めて伸ばしたアルミホイルを貼り付け、なんかこう、
    光が乱反射してふわーっとなるような、そんな効果を期待した改良を施しました。

    前回→http://garekioono.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

    あと、なんか凄いことが発覚しました。

    私はもう面倒くさいのでカメラはオートフォーカスで撮っているのですが、どうもその、画面の
    中央に常にピントを合わせる設定のままで撮っていたようです。今までずっと。

    どうりで顔がピンボケして、おっぱいとかおへそばっかりくっきり映っていたわけです。

    ペットは飼い主に似ると申しますが、カメラまでそうだったとは。大発見です。

    そんなわけでちゃんとフィギュアのお顔にピントが合うようにして、撮影用照明箱を使用した
    場合と、しなかった場合の2枚を撮影してみました。

    (左)照明箱未使用
    (右)照明箱使用

    20130505-IMG_1744.jpg 20130505-IMG_1743.jpg

    うーん・・・やっぱり、右のLED照明で照らしたほうが、やっぱり全体的に青白くなってるのが
    気になりますね・・・。白い電球にオレンジのセロファンとかを被せるとオレンジのライトになる
    ように、プラケースをちょっとクリアオレンジなんかで塗装してみたら、もう少し自然な太陽光
    に近い光になるかもしれません。幸い、私には塗装道具一式ありますからね。実験してみる
    価値はありそうです。まあ、

    鉄姫デュラム・シェリフちゃんは鎧っ娘おっぱい防御力ゼロかわいい!

    今はそれだけわかっていればいいような、そんな気もしています。撮影も奥が深いですね・・・。

    デュラム・シェリフちゃんの発売元、エンブレイスジャパン様公式(当然のように荊のジークリットちゃん予約済みです)
    http://www.embracejapan.com/

    category: 模型関係いろいろ

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    撮影用照明箱(?)自作 

    20130505-IMG_1700.jpg 

    五山の送り火の「鳥居」です。この道を進むと有名心霊スポットの清滝トンネルに
    辿り着きます。なんかトンネル内を走っていると、白い着物を着た女の人がボン
    ネットに落ちて来たり(!)、ドアの窓から上半身突っ込んで中に入って来ようと
    するらしいです。貞子か!こわすぎるわ!

    私も過去に原付で何度か行きましたが、そういうのは特に無かったです。たぶん。
    と言うか、そんな女の人の話知ってたら原付なんかで行かなかったです。ダイレク
    トすぎるわ!

    20130505-IMG_1704.jpg 

    というわけで、なんとなくフィギュアの撮影をするのに

    「固定ライト的なものが欲しいなー!」

    と思い立ち、ホームセンターで色々と買い込んできました。

    20130505-IMG_1705.jpg 

    プラケースの蓋の裏にLEDライトを貼り付けまくりました。ちなみに、このライトはPUSHで
    点灯するタイプです。早速全灯点灯。おっ、いいじゃないか。こういうのでいいんだよ、こう
    いうので・・・。

    20130505-IMG_1706.jpg 

    そしてその蓋をケース本体に装着!直接に照射するときつすぎるLED灯も、半透明のケースを
    通すことで柔らかく・・・やわ・・・ら・・・ん・・・んんー。どうなんだろう・・・(笑)

    20130505-IMG_1712.jpg

    とりあえず、部屋の蛍光灯と今回のLED照明箱だけで撮影してみました。
    いやもうこれ、本当にどうなんだろう・・・。なんか青白いなあ(笑)

    20130505-IMG_1726.jpg 

    撮影ブースを使用して、LED照明箱と、卓上ランプで。認めたくはないのですが、正直微妙でした(笑)
    よくネットで見るように、箱の内側にアルミホイルを貼ってみたりしようかな・・・。

    category: 模型関係いろいろ

    thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    TF有明には行けないのですが 

     今日は立体造形物イベント、トレジャーフェスタin有明9が開催されますね。
    私は自宅でウダウダしていますが…。お天気もいいようで、大変に羨ましい!
    むしろ、熱中症が心配だったりするくらい暑くなるんでしょうか?スタッフの
    皆様、ディーラーの皆様、一般参加者の皆様、どうかくれぐれも安全・健康に
    注意して楽しんでください!

    んで、おっぱいがぼーん!ってなってるようなですね、ガレキを組んでですね、
    fgとかTINAMIとかで私に見せてください。

    それを私が、秋に神戸で買う。

    世の中うまいことできてますねー。交通費等の関係でどうしても関東にまでは
    足を延ばさない私ですが、トレフェス神戸、GWCなど、関西でもイベントを開い
    てくださるのは本当にありがたいです。秋の神戸が今からすごく楽しみです。

    fgnimi3.jpg 

    ぴよぴよ堂様の新作、フォトカノの新見さんその3です。なんかverを重ねるごとに
    おっぱいでっかくなってる!いいなあ!すごくかわいいなあ!清純派肉食系・・・!
    これは必ず、神戸でも再販してくださるはず!

    20130505-IMG_1698.jpg 

    実原ちゃんの時に調色したフォトカノ専用スク水カラーが大量に余ってるので、いつ
    でも塗れます(笑)まあ、そんな感じです。

    ぴよぴよ堂様のページ(ギャラリーに新作新見さんの画像がいっぱいあります)
    piyopiyodo.uzusionet.com/

    ぴよぴよ堂様の投稿されたfgの新見さんその3のページ
    http://www.fg-site.net/archives/2857440

    category: ガレキ

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    1/7 五十鈴華 

    2013年製作品

    20130503-IMG_1641.jpg


    ボークス様 1/7 五十鈴華
    原型製作:造形村様

    大人気戦車道アニメ、『ガールズ&パンツァー』の砲手担当、五十鈴華さんです。
    カラーレジンキットの色合いを生かしつつ・・・などと言いながら色々と試行錯誤し
    ながら完成させたキットです。アイペイントをエナメル筆塗りに、肌の艶消しにク
    レオスのフラットベースなめらか・スムースを意識的に多用(笑)など、私の塗装
    スタイルと申しますか、好みを出せるようになった気がする、そんなキットです。

    私は剣道をやっていたのですが、そこで学んだ精神に『守破離』というものがあり
    ます。簡単に説明しますと、

    「最初は師の教えを忠実に守る」=守

    「やがて師の教えを破り、自分で考えて工夫してみる」=破

    「ついには師の教えを離れ、自分に合った方法を確立する」=離

    そんな感じの考え方です。堅苦しく考えなくても、結構みなさん、無意識にされてる
    事です(笑)このキットで自分に合った方法の確立の一歩を踏み出せた気がします。

    あと余談ですが、これまた剣道用語で「遠山の目付」というものがあります。目の動き
    で対戦相手に自分が相手のどこを狙っているのか気取られないように、遥か遠くの山
    を仰ぎ見るような気持ちで相手の姿全体を捉える・・・それが遠山の目付なのですが、
    皆さんも私のフィギュアをご覧になるときは是非この遠山の目付を実践してみてくださ
    い。決して、目だけを拡大・凝視して

    「なんや、結構線とかガタガタやん・・・」

    などとなさらず、こう、なんちゅうんですかね。前方を歩く女子中学生の太ももを、こう、

    「いやいや、僕、女子中学生の足とか見てませんし。前だけを向いて歩いていきたい
     だけですし。自分の信じる道を歩いていきたいだけですし。前世、ブチャラティですし」

    みたいな目で見ていただきたいです。よくテレビとかで大阪のおばちゃんが

    「アップはやめてー!」

    みたいなんを言うてはる気持ちが頭ではなく心で理解できた・・・

    20130503-IMG_1642.jpg 20130503-IMG_1645.jpg
    20130503-IMG_1648.jpg 
    20130503-IMG_1647.jpg

    やっぱりパンツ、おばちゃんくさい・・・普通に白で塗ればよかった(笑)

    isuzuhana.jpg 

    そんなわけで、五十鈴華さんでした。キャラグミン、楽しいですよ。

    ボークス様のキャラグミン華さんのページ
    www.volks.co.jp/jp/charagumin/chara37.html/

    fgに投稿した華さんのページ
    www.fg-site.net/archives/2833978

    category: ガレキ

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    1/8 片桐彩子 3rdシリーズ 

    katagiri1.jpg 

    海洋堂様 1/8 片桐彩子 3rdシリーズ
    原型製作:香川雅彦様

    たしか、2012年の末くらいに作ったような気がします。ときめきメモリアルの人気キャラ、片桐さんです。
    オークションで買った古いキット(もちろん正規品です)を練習がてら組んでみたのですが、うーん。
    今見ても、非常に危険な感じですね。ホラー入ってます。SAN値がゴリゴリ削られていく音が聞こえ
    るかのようです。造形の古さと私の適当なアイペイントの合わせ技・・・。まあ、しょうがないですね(笑)

    katagiri2.jpg 

    なんか番長みたいですね。右手は釘バットでも持たせたほうがしっくり来そうです。
    しかし、スカート長いなあ。ガルパンの子たちの倍くらいありますよこれ。いや本当。

    katagiri3.jpg 

    この片桐さんというキャラは絵を描くのが好きと言う設定だったので、おそらく
    鞄の中にはスケッチブック等が入っているのだと思われます。

    katagiri4.jpg 

    色々と削ってはいけない所とかも間違って削ってしまったりと、かなり
    無茶苦茶な作り方をしたキットですが、思い出補正で問題なしです。
    アクリルガッシュでアイペイントをした最後のキットだと思います。
    やっぱりアマチュアはやり直しのできるエナメルで描いとけってことで
    すね。

    ちなみに今はアイペイントに2日間くらいかけてます。ボークスプロフィ
    ニッシャー狩人さんのアイペイント実演でこっそり時間を測ったことが
    あるのですが、白目を白く塗りつぶしてある状態からアクリルガッシュ
    で1時間で完成させていらっしゃいました。おそろしく早いです。製作
    代行をされてる方とかじゃなくて、企業内でコストとの兼ね合いで結果
    を出さないといけない本物のプロは、やっぱり全ての工程がめちゃく
    ちゃ早いです。

    「僕らガンプラの足の裏なんて塗りませんよ」

    とは、同じくボークスプロフィニッシャー村川勝心さんのお言葉。名言だ(笑)

    pconline0906tokiwlsw04.jpg 

    これでも当時は巨乳キャラだったんですよね。今だったら、下手したら

    「胸が小さいのを気にしている」

    みたいな設定付けられてもおかしくないサイズですよ。この20年でなにがあったんだ、日本・・・。
    そんなわけで、片桐さんでした。

    fgに投稿した片桐さんのページ
    www.fg-site.net/archives/2780839

    category: ガレキ

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    クィーンズブレイド グリムワール 不思議の国の闇使い アリシア 

    2.jpg

    メガハウス様 クィーンズブレイド グリムワール
    不思議の国の闇使い アリシア
     
    原型製作:キバヤシノリオ様

    フリフリでロリロリで、ボインボイン。そして当然のようにキャストオフ可。
    実はわたくしはキャストオフはあんまり好きではないのですが、と言うか
    おっぱいまるだし!みたいなのは全然好きではないのですが、まあ、
    キャストオフできるんなら仕方ないな、困るなあ、脱がして中も見ないと
    失礼にあたるもんね、しょうがないなあ、というわけで脱がしてみました。

    注意:以下、おっぱいまるだしです。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
    ごっつ遠慮がちに、なんちゅうかこう、そわーっとした感じで。サッと。お願いします。

    -- 続きを読む --

    category: 完成品フィギュアレビュー

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    1/8 ノエル・マーレス・アスコット 

    noel1.jpg 

    ボークス様 ∀-brand 1/8 ノエル・マーレス・アスコット
    原型製作:みさきせりか様

    PCゲーム『ワルキューレ ロマンツェ[少女騎士物語]』のヒロインの一人、ノエルさんです。
    鎧を着用した姿からは想像できませんが、おっぱいでっかいです。キットを購入してから
    ゲームをプレイしたのですが、思ってたよりもおばちゃん声でちょっとだけショックでした。
    すぐに慣れましたが。ちなみに「ジャッジメントですの!」の中の方が演じられるキャラも
    出てきて、私はそのキャラがちょっと好きです。絶対に立体化しなさそうですが・・・

    noel2.jpg 

    とにかく肌色成分が少ないのですが、その分、鎧がかっこいい・・・。
    この学校、制服の上から鎧を着込んで馬に乗って槍で突っつき合う
    という、なんかもう凄いところです。放課後前田慶次って感じです。

    noel3.jpg 

    ちなみに箱のイラストだとヘルムをかぶった姿が描かれていますが、
    キットではご覧のとおり、腕で抱えた状態です。持ち替えようの槍も
    付属してましたが、私はパーツを付け替えて遊ぶというのがあまり
    好きではないので、どっかにやっちゃいました・・・(笑)

    noel4.jpg 

    後ろ姿です。思いっきり右のお団子と頭の間に隙間があります・・・。
    いいんです、別に売るわけじゃないので・・・しかし空きすぎてるなあ(笑)

    noel5.jpg 

    お約束の縞パンです。しかし、なんか自分も含めて、なんでもかんでも
    縞パンにしすぎな傾向にあるような・・・。そんなに縞パンって好きですか?
    私は、大好きです!

    そんなこんなでノエルさんでした。ちなみにゲームあんまり進んでません(笑)

    ボークス様公式サイトのノエルさんのページ
    www.volks.co.jp/jp/figure_complete/ta_noel.html/

    fgに投稿したノエルさんのページ
    www.fg-site.net/archives/2706142

    category: ガレキ

    thread: 美少女フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    2012年製作品一覧 

    2012年に組立・塗装したガレージキットフィギュアの一覧です(現在、フィギュア棚から引っ張り出して
    来ては「これ、いつ作ったやつだったかな…」などと思い出しながら再撮影中。終わりが見えません…)。

    画像をクリックで個別記事にジャンプします。


    katagiri1.jpg
    海洋堂様 1/8 片桐彩子 3rdシリーズ


    noel1.jpg 
    ボークス様 ∀-brand 1/8 ノエル・マーレス・アスコット


    20130501-1.jpg
    makeplus様 1/8アスカ Type-Bunny




    category: 2012年製作品一覧

    thread: フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    1/8アスカ Type-Bunny 

    makeplus様 1/8アスカ Type-Bunny
    原型製作:うちだこうじ様

    20130501-1.jpg

    あまりのムッチリした造形に一目ぼれして、makeplus様のネット通販で購入したキットです。
    実はカラーレジンキットばりの分割で、ほとんどマスキング無しで塗装できるキットでした。
    この頃はまだまだ肌の質感をコントロールする術なんてまったくわからず、テカテカというか、妙にギトギトしてますね。
    まあ、これはこれでアリのような気もしますが・・・どんな中学生だ(笑)

    20130501-2.jpg

    ↑生足です。手抜きではなく、あくまでも生足派なのです。

    20130501-3.jpg
     
    ↑なんか、おっぱいがむにゅーってなりすぎてます。実にマニアックな造形です。

    20130501-4.jpg

    ↑うさみみが細くて接着にやたら苦労して、結局グチャグチャになったのもいい思い出です(笑)

    makeplus様のサイト
    make.wer.jp/


    fgに投稿したページ
    www.fg-site.net/archives/299650

    category: ガレキ

    thread: フィギュア  -  janre: 趣味・実用

    TB: 0    CM: 0   

    ガレージキット組立・塗装日記

    マラソン大会参戦記

    プロフィール

    Twitter

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード